ホンダ FTR250
 1986年式
 



スライドショー
途中で止めたいときはEscキーを押して下さい。
動かないときはお使いのブラウザのページ更新ボタンかF5キーを押してください。






メーカー、車名、年式、型式、書類、車検、保険など
ホンダFTR250 型式 MD17 年式不明 車体ナンバー MD17-1002*** 保険無、ナンバー返納済み(陸運事務所での返納済証をお渡しします)
●車両豆知識 wikiより
1986年発売。その名前のとおりフラットトラックレースをイメージして開発されており、いわゆるオンロードともオフロードとも異なるポジションとデザインをしている
ホンダワークス製のフラットトラッカーであるRS600Dにハンドリングまで似せるため、ダブルグレードルフレームを採用するなど入念な車体設計が行われており、ライダーは「腕が上がった」と錯覚するほどであった。
エンジンはXLR250RF(MD16)に搭載されていたOHC4バルブをベースとしてトランスミッションレシオとボア・ストロークの変更、またフラットバルブ・加速ポンプつきのPJ30mmキャブレターを採用して27psの出力を確保し、中低速のレスポンスも向上させている。
このエンジン(MD17E)がXR250RG/XLR250RHのベースになったのは有名な話である。
余談だがFTR用のPJキャブはXR250RGの市販直前のプロトタイプにも装着されていた(発売時はPDキャブに変更)。
なお当時のXR系エンジンとしては珍しくセルスタート車が販売されていたが、キックスタート車も併売されていた。


走行距離数、車両の状態など
全体に程度の良い車両でお勧めです。現オーナーは若い女性で、あまり乗って無かったようです。
走行は不明です。タンクも目立つ傷やへこみもなく給油孔から錆びは見えません。
社外メーターは8268km、チェーンも換えてからあまり走って無いようです。エンジンは通常は1発か数発で始動、メータ針も正常です。
他の外装に小傷や通常使用によるやれもありますが年式を考えれば綺麗な車両です。
キーはオリジナル1本、エンジンミッション電装ともに問題なく作動します。
前後タイヤは8部山、テールレンズユニット社外のルーカスタイプに交換、ライトは社外に交換のためポジションランプはつきません。
ウインカーやミラーは社外品、リアフェンダーレス、インナーチューブ錆びは無いです。
始動性や吹け上がりなどの調子は良いが、なにぶん 昔の車両ですので多少の見落としあるかもしれません。
試乗してみましたが、この車両は調子が良く気難しいバイクではなくごく普通に使えます。
キックのみの始動ですが小柄で250ccのパワーもあります。

希望価格およびお問い合わせなど
希望価格: 完売御礼


お支払と引き渡しなど
分割やローンは扱っていません。

車両保管場所は愛知県豊田市の名鉄浄水駅から近くです。
直接引き取り或いは配送業者の配送になります。
配送業者は通常はBASまたはBHSを使います。
愛知県内や近県なら出展者による有料配達も可能です。(業者のドアツードアより割安)
東北方面、北海道の方へは名古屋港からフェリーで仙台港、苫小牧港へ無人発送も可能です。
フェリーの配送申し込みは当方でも可能です。
名古屋港まで車両持ち込み&船への積み込みは3000円で行います。

落札者でBASの小牧デポまで持ち込みご希望の場合は4000円で行います。(BASより安いです)

☆BAS(バイクオークションサービス)

☆BHS(ビー・エイチ・エス高栄運輸)


また東海道沿線の場合、無蓋トラックですが大手配送業者より割安に宅配しますのでご検討下さい。

☆鉄馬ねっとの東京大阪シャトル便